31歳ただいまカナダでワーホリ生活中。カナダ以外にデンマークや直島での生活についてもちょこちょこと綴ります。 そんなただの日記です。

NY旅行記1。megabusとESTA。長距離バスで行ってみた。

Happy New Yearとともに行ってきましたニューヨーク=ニューヨーク。

 

何を隠そう、カナダワーホリの地をトロント近郊と決めたのには

ニューヨークにバスで行けちゃうから

というわけで、寒さにビビりながらも、行ってきましたニューヨーク!

 

今回利用したのは megabus

us.megabus.com

チケットはオンラインでクレジットで購入しました。

ここで一つ、カナダ版のサイトではなくアメリカ版のメガバスサイトで購入します。

いくらカナダのメガバスサイトを眺めてもニューヨーク行きは出てこないので、気をつけてくださいね。

 

 

12月31日の23:59出発という、誰に話してもひと笑い貰えちゃう日程で出発しました。

というのも、東京から友達が1月1日のお昼着の飛行機でニューヨーク入り、現地集合なわけで、その時間に合わせたらこのスケジュールになってしまいました。

このおかしな日程でお察しの通り、我々一週間前に旅行を決め、4日前にホテルをゲットするという適当具合。そのためバスとはいえ少々お高め。

 

チケット内訳はこんな感じ。

トロント ー ニューヨーク $86(シート予約$7含む)

ニューヨーク ー トロント $62(シート予約$7含む)

Booking Fee $2

合計 $150

 

それでも安いですよね!メガバス!

 

$7のシートって?

シート予約がなければ、その分お値段的にはお得に乗れます。ですがメガバスについてリサーチしていたら、長旅なのでいい席を取るのに長蛇の列になることがある!というのを見つけて、寒空の中並びたくなかった私は7ドルで解決するなら、と予約しました。席はテーブル付きか、2階部分(メガバスは2階建バスです)の前方部分から選べて、$7以外の席もありました。席自体は普通と大差ありません

結果、新年早々、カウントダウンもせずにニューヨークに行く人なんてそうそういませんので、ガラガラで列なんてありませんでしたが。笑

 

$80は高い方かな

なんとな〜く眺めていたら年明け周辺は$50くらいで1月少し入ると$35くらいで出ていました。早く買えば安いようなので、本当はもっと安く買えたかもしれません。

でも東京から来る友達はこの10倍飛行機代がかかってますので、やっぱりお得です!

 

チケットを購入すると、Your Journey detailsという画面に飛ぶので、そのページをパソコンに保存して図書館で印刷して持って行きました。特にチケットは発行されないので、携帯で見られるように保存するか、印刷する必要があると思います。

私は電子機器はいつダメになるかわからないので、バウチャー系は必ず紙に印刷する派です。心配性なので。でも携帯の画面見せて乗車している人が多かったかな。

 

 

私が乗ったバスの出発地点はこちら。

f:id:kiikiii:20170115140234p:plain

長距離バスの発着地点のようで、建物の中にちょっとした軽食やペットボトルの自販機

がありました。暖房も入っていて、少し早く着いても座って待っていられます。

ですが深夜、しかもニューイヤーイベントが近くで開催中ということもあり警備員がウロウロしており、2回も待合所で「何してるの?チケット見せて」と言われました。

 

10分前くらいに列に並び、割と出発ギリギリで運転手が現れ、一人一人のパスポートとチケットを確認します。そして聞かれました

「ビザ申請してきたか?」

私「えっビザ?ただの旅行です。」

運転手「いやいや、ビザ無いと入国できないよ。無いの?」

私「???カナダのビザじゃなくて?」

運転手「アメリカへのビザだよ。」

私「…もしかしてESTAのことですか?陸路なのにいるんですか?」

運転手「入国の時に聞かれるからね、無いとまずいな。」

私「審査通ってるけど、いらないと思って印刷とかしてないです。」

運転手「あっ申請したんだね。じゃあバスの中でメールかなんか探して、見せれるようにしといてね。オッケー乗っていいよ。」

 

というわけで、バスに乗るなりESTAのサイトで自分の申請受理書を携帯に落とすという作業から旅はスタートであります。実は出発3日前、ふと、もしトラブルとかで飛行機に乗らなきゃいけなくなったら大変だな〜と思い立ち。念のためESTA申請しとくか$14だし。と申請してゲットして、念のため申請番号をメモってたんですね。

 

そんなこんなで運転手さんの「ハッピーニューイヤー」という掛け声でバスは出発。

ちなみに乗客は10人もいませんでした。

 

座席の下には電源。Wi-Fiも乗客が少なかったのでサクサク。

ぼ〜っと外を眺めていたら3時間もしないうちにアメリカとの国境に到着。

f:id:kiikiii:20170115144116j:plain

アメリカの国旗がはためく!

 

車内アナウンス「荷物を全部持って、入国管理の建物に入ってください。」

眠たい目をこすって、深夜2時に入国審査へ。そしてやっぱり!

入国管理官「ESTAある?」

聞かれた〜!運転手さん、嘘じゃなかった。よかったあって。

あとは簡単に、「カナダ長いね、ビザは?何してるのカナダで?ニューヨークは何日滞在するの?」と聞かれてUS$6を払って(キャッシュでもカードでもって言ってた)

パスポートに90日のビザを貼られ無事終了。

 

ただ一つ、気になることが。荷物全部持ってたけど。

荷物検査がなかった。

 

文字小さくなるくらいですよ。大丈夫か?何かセンサーでも走ってるのかこの建物?

 

兎にも角にも、それから2時間半に1回のパーキングエリアでの30分休憩を繰り返し、時たま運転手が交代し、翌日11:30無事にニューヨークはマンハッタンのど真ん中に到着しました。

 

ちなみにもう一つ気になったことが。

パーキングエリアの休憩後、全員乗ってるかの確認なし!!

無防備。いろいろとザルすぎる。さすが陸路。

 

うっかり時間を聞き間違えたら、アメリカのどこだかわからない高速上に置き去りにされそうです。

 

置き去りにされることなく、到着してよかったよかった。

f:id:kiikiii:20170115145155j:plain

初日の出はバスの中から。

HELLO 2017