ワクチン接種一回目に行ってきました。

ウィーンの最初のロックダウンから早1年と3か月少々。ある意味予定通り、ワクチン接種に行ってきました。

 

年始の時点で、私のような基礎疾患がなく、割と若い分類の人は6月ぐらいから開始とアナウンスされていました。ので、予定通り。周りの友人知人も1回目が遅くとも今月中に受けられる感じです。もちろん受けたくないという人もいますが、私の周りでは少数。単純にもうパンデミックを終わらせたい、近々グリーンパスが旅行に必須になるかもしれない、そうなると私たちの分野は結構致命的です。とにかく移動が多いので。

 

受けるか否かは、個人の自由だと思います。

集団免疫が~という議論も目にしますが、公衆衛生とともに医療を選ぶ自由もあると思います。西洋医療が信用できないという人もいますしね。ワクチンも新しい技術のもので、不安になる気持ちもわかります。実際、100%の安全は人が作り人が運用するものなので、なかろうというのが私の持論です。どちらにせよ、重症化リスクがあって不安でかつ受けたいという希望者にきちんと行き届いているので、オーストリアのコロナ対策に私は不満などございません。毎日、何度も同じ注意事項を繰り返して接種会場を運営してくれている人々に感謝です。

 

2回目のほうが副反応が強いと友人知人の体験談で聞いていたものの、ちょっと緊張。

でも丁寧に説明もしてくれて、ちゃちゃっと完了しました。ちなみに私はファイザー。

 

筋肉注射なので、利き手で無いほうにしてもらいました。

献血みたいに、お菓子とお水をくれて、のんびりした雰囲気。待ち時間もなく、接種後15分とどまっただけで、帰宅。もう7時間ぐらい経過していますが、打たれた腕が少々重たいくらいです。食欲もあるし、特にめちゃくちゃダルイみたいなこともありません。ただ日光浴も避けるようにと言われたので、2,3日は家でのんびりしようと思います。

 

2回目は8月。こちらは発熱したという話ばっかり聞くので、念のため解熱剤を用意しようと思います。

 

皆さんも、Mach’s gut !

ただの日常と別れ。

前回の投稿が5月、気が付けば7月。6月は一瞬で過ぎ去りました、おはようございます、kikiです。

 

今週ワクチン接種の予定が入っていて少しドキドキしています。

自分なりに色々と情報を読んで、コロナ感染とワクチン接種のリスクを天秤にかけて受けることにしました。日本に住む家族も先週一回目を受けています。

 

2回目が8月なので、9月には去年果たせなかった、「安いチケットと宿を見つけてふらりと旅行」が出来るでしょうか。どうでしょうか。母には9月の一時帰国はオリンピックがあるし、難しいのではとの見解を頂戴しました。悲しい。えっもう5年帰れず、卒業しちゃうんですけどっていう年末を迎えそうです。年末は帰れるかな…卒業制作と論文でそれどころじゃなさそうでもありますが…。うん。

 

6月は作品のプレゼンに展覧会、そしてわが主任教授の退任に伴いメモリアルブック的なものを制作することをこっそりうけおい、友達と二人でコソコソ制作と並行して準備していました。両手に見せられない荷物を抱え、展覧会のミーティングにもほとんど出席しない私たちのコソコソ具合に不信感を抱いた教授に、ある日抱えている本のプロットを指さして「それあたらしい作品かしら?見せてくれる?」と聞かれたときは自分の嘘の下手さ具合に天を仰ぎました。ウィーンに居るときは、よくスタジオで私の課題以外の作品を眺めていたので、断るのに適当な言葉が浮かばす「これは別のものです」という謎の返答と泳いだ目を見た教授が珍しくさらっと引き下がり、誰だ私にこのシークレットミッションを託したのは、とみんなが苦笑いでした。

 

でも、とっても喜んでもらい、涙が出そうでした。

引っ越しのお手伝いをしては、素敵なグラスをいただいたり、ご飯をごちそうになり、最後までかわいがってくれ、温かい気持ちでいっぱいです。明日とうとうお見送りかと思うと、寂しいですが、また夏休みの間にドイツのご自宅に遊びに行ったり、秋からは卒業制作の作品の面倒を見てもらうわけなので、まだまだ泣かないと決めています。

 

人としてとてもチャーミングで温かい彼女から芸術だけではなく、たくさんのものを教わったと思います。御年70歳、最近は一緒に歩いてても躓いて少しハラハラする場面を目にするようになって、寂しいけれどちょうどいいタイミングなんだろうなという気もしています。

 

誠実に芸術と向き合っている、だからあなたは大丈夫よ。全部そのうちやってくる。

その言葉にどれだけ救われたか。

 

どうかいつまでも健康でいてほしい。

f:id:kiikiii:20210707065833j:plain

 

 

 

 

久しぶりの文化考察。

もうすぐ5年目が目の前のウィーン、もはやドイツ語圏生活。

私は割と大人になってから海外を経験しているので、自分でも日本人社会のしがらみ、みたなものを、良くも悪くも受け入れようとする気負いがあるなぁと思う。

日本で働いていたころの自分は、文句ばっかり言ってもしょうがないからなぁと思っていた。でも、文句は心の底で溜まりにたまって、限界が来た時の逃げ道というのも必要なのではと、次なる選択肢を視野に入れ始めた。

 

結果、今度は選択肢が増えたゆえの悩みを抱えている。

人生が自分の努力によって複雑になっていくなんて、皮肉なもんである。笑。

 

望めばドイツでもウィーンでも、ヨーロッパのどこかで収入を得て、生活できそうである。まったく知らなかったがヨーロッパの大学を卒業すると現地に留まる道があるようだ。かといって、いつまで留まるのか問題である。

でも、日本に完全帰国した場合にも、仕事の場を欧州に持っていたいと思う。つまりはそのブリッジ期間として、卒業後しばらくは、このガイジン生活を続けることになりそうでもある。まぁ、最近は考えることを放棄して、とりあえず卒業したら考えようモードである。インターンの終わりに際して、教授からも次はインターンではなくアシスタントとしての職を提案されたが、それはやんわり断った。とりあえず卒業したいので、卒業したら考えますって。何様な回答だが、私の36年の経験が警報を鳴らしていた。長いものに巻かれても、最後は自分で生きないといけないんだから、もう自分の足で歩いたほうがいいと。彼女は有名すぎるのだ。

 

現実的なことを考えると、メイン住所を日本に戻したほうが、ビザの問題でプロジェクトに制限がかからない。でも、卒業後は新しいことをたくさん試したい。そういう意味では欧州に留まったほうが気が楽そうでもある。

 

私の少ない経験から思うに、欧米圏での仕事環境は非効率的である。責任の所在にこだわりがないので、やりたくないことをたらい回しにする人がめちゃくちゃ多い。信頼できる責任感のある人を見つけるのが最初の仕事ともいえる。日本人からしたらけっこうストレスだと思う。でもどんな物事にも凹凸がある。その代わり、だれが間違えたんだ!というように詰問されることもほとんどない。

 

ドイツの劇場の技術部のシェフが、東京での客演の時に「だれがミスしたか」が明らかにならないと次に進まないという場面をよく目にしたと言っていた。それゆえに、意味のないルールも、厳密に守っていて窮屈そうであったと。ただ意味のないルールを守るがゆえに、全部のルールが支配力を発揮するのでミスが起きずらいと。

ドイツで彼が率いるチームは、建て込みのたびに同じところをミスする。だが、だれがとか、どうして、を追求せずに、またばらして建て込むだけである。ゆえに繰り返すが、職場の雰囲気はいつものんびりしている。

 

こののんびりした、優柔不断な空気は新しいことを試しやすい。日常的な失敗を細かく指摘されないので、チャレンジしてみようという気持ちになる。やり直せばいいかという気持ちのもと、計画できる。

 

日本語で見る有名なキュレーターが「やったこともない、意義もわかっていないのに面白そうだからって簡単に組み込むな」みたいなことを物申していて、あぁ日本だなぁと思った。やったことがなければ、おっしゃる通り意義などわかりっこないし、簡単に計画だって口にしちゃうよ、そりゃ。でもそうやって確率論や正答率みたなものに縛られずに新しい経験をしてみたいと思うことや、それを支援することのほうがよっぽど意味があるように思う。とくに自分が経験者なら。

 

そんなわけで、経験至上主義にちょっとビビっている。

大人相手ならまだしも、子供や若者には、どうか「たいへんだ」の前に「やってみよう」と言える社会であってほしい。命に係らないなら、失敗に終わっても、そのほうが健康的であるように思う。

 

そんなわけで、仕事をしていて久しぶりに文化考察。

まぁ一番は国や国籍に関係なく、気の合う人と仕事の苦楽を共にできることである。

【ドイツでインターン】季節の変わり目。

インターンも気が付けば折り返し地点、来た頃は雪が舞っていましたが、今日は28°と夏日和です。こんにちは、kiki です。

 

一か月前は無観客の配信を予定して始まったリハーサルですが、なんとここにきて、お客さんを入れられそうだと!劇場はプラン変更へ右往左往、慌ただしくなってきました。

 

去年の12月に無観客配信の初演を経験して、それはもう、空しかった。

 

劇場芸術やパフォーマンスアートを勉強するうえで観客との関係性というのは、ある種パフォーマンスであることの定義でもあります。劇場はその地域の、その場の社会や世論を映し出し、批判し、提案する場を担っています。だから今でも国や市が財政から予算を出しているわけで、それが配信になってしまうと、簡単にその意味を見失うのは目に見えています。だれもが楽しめるものを作るというのは素晴らしいことかもしれませんが、同時にエンタメではないものも、社会には必要なわけで。劇場文化がNetflix化しそうな配信は、やっぱり私は違うと思う。誰でもどこでも見れるかもしれないが、そういった利便性が常に正義な世界は空しい。地産地消する大切さもある。

 

今回の演出、そりゃ、世界のトップ10の演出家ですから、でもそんなもの抜きにとても詩的でユーモアがあり、そしてちょっと軽くて面白いです。最初はこのオペラなんで受けたんだと首をかしげていた私のボスですが、まぁ音楽が、そのなんていうか現代オペラなので、うんと…とてもheftig。今日から始まるオーケストラリハは中々カロリーがありそうです。笑。ちなみに今日はボス二人がベルリンへ来年の新作の準備に行っているので、私ひとりです。不安。

 

でも、最初はあぁ…私のドイツ語能力では、というかもうネイティブくらいぺらぺらじゃないとこのアシスタント業は無理だなと、現実を見て落ち込みました。今はただのインターン兼アシスタントで、ボスがこんな私にも優しいので、周りも優しいです(それはそれで闇ではある。苦笑。)が、お金を貰うなら、このままでは駄目です。

 

自分の作品、自分のしたいことはドイツ語だろうが英語だろうが、自分から出すものなので出来るけれど、誰かと誰かの間をつなぐ翻訳伝言できる能力は、ネイティブにしたって得意不得意があるわけで、私にはまだ無理そうです。さらには抽象的な変更点を的確に各部署にメールでお願いする、もし間違えたら大問題です。プロダクションには予算というものがあり、だれもタダで働いてるわけじゃないですから。ただ、卒業前に現実を知るいい機会ではあります。出来ないことを知って、克服するか道を変えるか。

 

土曜日は他のアシスタントの子に誘われて、ビール片手に河原で日光浴をしました。

年も同じくらいで、同じくイタリアから来てドイツで活動しているので、職場やドイツ人とは出来ない話も出来てとても楽しかった。

 

ここにきて、わたしの問題はすべてに共通している。

全部が曖昧で中途半端なのだ。

ドイツ語も、将来やりたいことも、今やっていることも。

曖昧を卒業しなければならない。

 

考え事ばかりしていても、今はしかたない。

あと残りの半分、怪我無く病気なく走り切れますように。

【ドイツでインターン】クラスター追跡完了、隔離終了。ウィーンのコロナ対策現状。

天気のいいドイツからこんにちは!

着いた頃は雪が降っていましたが、昨日から春爛漫です。

 

 さて、移動に伴う隔離が明けて、陽性者が出てまた隔離、の続報です。

kiikiii.hatenablog.com

先週の金曜日からとりあえずは自主隔離のお達しで、濃厚接触者から順番にPCR検査や保健所への連絡などバタバタとしていた劇場。幸い月曜日の時点で濃厚接触者からの陽性反応は出ておらず、クラスターは発生しなかった模様です。

 

私はそのあたりで、カテゴリー2に分類されていて、まぁ隔離はほぼ解かれていました。発覚から1週間、正式に隔離が解除されたので、昨日はスーパーと散歩へ行きました。太陽、最高です。

 

さて、感染症対策は万全だったものの、検査の周期に問題があった模様の今回の騒動。正直、毎日検査したって同じことは起きるのがパンデミックなのですが、それでも少なくとも歌う人がいる環境では十分ではなかったのではと演出家チームと支配人が喧嘩中という連絡が来ました。喧嘩っていうとあれなんですけど、衝突?いや、漏れ伝え聞こえるに、喧嘩。苦笑。

 

来週からリハーサルを再開するにあたって、新たなルールを設けることに。

  1. 役者、歌手を含め25人までリハ室への立ち入りが可能であり、かつその25人はリストに登録された固定の者
  2. PCRテストを、リハ室に出入りする人は同じ日に週3日、それ以外は週2回
  3. 劇場の舞台でのリハーサルが開始されれば、アシスタントを含めたチーム全員がリハーサルに参加できる

なんだか、今更感のある新ルールですが。リハ室に入れるのはチームから10名、アシスタントすら入れなくなりました。でもそのほうがいい。

 

ウィーンの劇場は控室が多くて、リハ室もここの2倍ぐらい広く、常に周りと距離をとって座ることができました。まぁ、そのリハ室、そもそも異様に広かったので、あれと同じ環境の劇場はあるまい、です。ウィーンの劇場お金持ちなんでねぇ。

 

つまり、私はアシスタント以下なのでリハ室の外で仕事をすることに。

演出の過程が見れないので、少々コミュニケーションに時間がかかりそうですが、リハ室ではPCを開けなかったので、自分の仕事自体は割とはかどるかもしれない。

なんなら、大学の課題にも追われているので、ここから10日くらいはうまいこと時間を捻出してどちらも頑張れそうです。頑張らねば。

 

そんなわけで、リハ開始の一週間ってほんとバタバタします。

でも、前回はウィーンでのテロを理由に止まったことを思い返すと、誰も重症化してないし、と私の直属のボス二人は結構楽観的です。私もそう思う。こうやって立ち止まりながら進むしかない日常をこの1年でそれなりに受け入れられるようになったのかもしれませんね。なんとか続けるっていうのが大事だし、どうにもならないときは休むのも大事。

 

自宅待機中にちょっと朗報もありました、ウィーンから。

ウィーンは5月2日まで現行のロックダウンが延長されますが19日から規制緩和をスタートする計画だとアナウンスがありました。信号が緑(日本語なら青信号)ならば。

f:id:kiikiii:20210424221845j:plain

 

 

 やっと、いよいよレストランの再開です。長かった。つねに陰性証明が必要な様子ですが、これもワクチン接種が完了するまで。

f:id:kiikiii:20210424222807p:plain

こちら、4月22日時点でのウィーンでのワクチン接種状況。2回目の接種が完了しているのは、まだ10%もいっていないようですが、予定通りであれば、リスクゾーンに少しずつ行き渡っているはずです。

f:id:kiikiii:20210424222959j:plain

上記は5月2日までのワクチン接種プランです。で、下記がこちらがリスクゾーンの該当者について。もし自分もそうかも、というウィーン在住の方はご一読ください。

f:id:kiikiii:20210424223527p:plain

私もルームメイトとワクチンの申し込みはしました。回ってくるのは夏ぐらいかな?

探し物はこの世界からの降りかた。

人間というのは世界中たいして変わらないもんだなぁと思う。もしくは資本主義社会においては。

私はほんの少しカナダやデンマークや、そしてちょっと長くウィーンで暮らしていて、ドイツ語圏で働いてみたり、カナダで働いてみたりした。

 

20歳で社会に出て、フリーランスも会社員も経験した。

いつも素朴な疑問がある。

どうして人間はヒエラルキー社会をどこでも、かしこでも形成しているのか。多かれ少なかれ、ではあるが、ヒエラルキーのない世界で、とりわけ労働市場というのが無いのではないのかというのが私の20歳からの疑問で、長い間どこかに留まると発生する居心地の悪さの理由の一つとしていつも付きまとっている。不思議なもんで、下にいる分には、適当にその役割を演じて、家に帰ってビール飲んで終了だ。でもちょっと長く居座ると、それをされる側になって、ビールじゃどうにもならない。人に敬われるのが、普通に気持ち悪い。でも組織の中で、それを相手に強いるってのも難しい。相手にも立場ってもんがあるのだ。なんだ、立場って。一緒に働いてるだけじゃないか、なぜそれだけの関係で完結できないのか。

上に行くのも、下にいるのも、なんだか馬鹿馬鹿しいといつも、結局思う。間に挟まれた時の「私って何に配慮して右に左に行ったり来たりしてるわけ?ナニコレ、モノポリーかよ」ってね。

 

理想主義とか、子供っぽいといわれても、もう40歳を前にして、少なくとも違う国での経験も含めれば、通るべき経験というのは十分にしたと思う。サンプルは割と多いほうかもしれない。その上でやっぱり思う。馬鹿馬鹿しいって。

 

もう、この上なく思う。私はこのヒエラルキー世界から降りたい。

降りたいし、降りないで、加担しない方法がまだよくわからない。

おかしいと思う世界に参加することは、それを黙認して加担することだけど

でも、それにしてもなんで、なんでしょうね?

 

人よりお金を貰えたり

人より時間を費やしたあかつきをもらったり

誰かに敬われたり

そういうのがないと、人は働かないのだろうか。

たぶん、私が好きなことが労働市場で価値変換される場というのが、よりいっそう、そういうエリート意識とか、ブルジョワジーな匂いがプンプン強くて、つまりは、芸術分野というのは、なぜかそういうフォーマットの上でお金を産んでいるのだ。

 

もっと、ちゃんと人間の営みとして労働したい。

 

すっごい、ご丁寧なハイクラスな語彙を駆使したメールが仕事で届くたびに、めんどくせぇなってなるんです。それでいて社会を痛烈批判した作品を作ってるんだから、ちぐはぐでしょ。自分の立場をわきまえて、大人なふるまい、出来ますとも。してますとも。でも、いつも誰か偉い人に、有名な人にすくい上げられて、芸術家として大成するのを待とうぜ、みたいな空気に付き合えるほど、色々吞み込めないし、そんなことより、フラットに生きたいし、こうやって社会の仕組みだからとあきらめて飲み込まれて、私もこの変なヒエラルキー構造を次の世代にバトンタッチして押し付けるんだ。

反省。

 

もうすぐ40歳だし、もうすぐ学業も一区切りだし、

もう十分そういうヒエラルキー社会に付き合ってきたし、

そろそろ、自分が受け入れられる人間の営みとしての芸術が

出来て、そういう人が集まってくる場所を作りたいな。

降りてもいいじゃん、作ればいいじゃん、失敗してもいいじゃん。

騙すよりマシじゃん。

 

でも、もちろん、子供じゃないから

そういう人生は中々に茨の道だってことは知っている。

でも自分を裏切らなかったことで、大変でも救われる何かがあるような気がする。

私は誰かの特別になりたいんじゃない、特別じゃない普通の自分を守りたい。

【ドイツでインターン】到着1週間で隔離が明けてまた隔離。

週末いかがお過ごしですか。

私はドイツでインターン中です。今日もリハーサルの予定でした。でした、というのはキャンセルになりまして。えぇ、ドイツまでやってきて隔離されております。

 

そもそも、オーストリアとドイツを移動する場合は、何かしらの理由がありきなのですが、その理由に即して隔離期間というのが設けられています。わたしの場合は職業上の移動なので、移動前24時間の陰性証明と登録、ドイツ到着から5日間は職場と家の移動のみ。5日目に陰性証明を提出して、隔離明けです。出発前の書類の準備が面倒ったらない。

 

はい、昨日、私の隔離があけて、で、夜に劇場から連絡があり、また隔離です。

メールには私たちのプロダクションの芸術家(独: Künstler)の一人が今日の検査で陽性が出ましたと。なんてこった。なので、ひとまず月曜日までリハーサルは中止、家から出ないでと。

 

私たちはリーディングチームといって、外部からの参加でその作品ごとの契約になります。プロダクションの制作のために呼ばれた芸術家グループ(日本語にすると耳慣れませんがドイツ語では芸術家という職種で正式に登録されて契約書が出ていて、そう呼ばれます。)のカテゴリーで、同じく歌手や役者など舞台に立つ人も含まれています。なのでメールでKünstlerということは、チームの誰かで、まぁドイツ語的に言うと男性だなということしか分かりません。個別の連絡は来ていないので、超濃厚接触者ではなさそうです。

 

とりあえず、私の直近のテストは陰性だったけど、コロナってるかもしれない。

現在の大家さんに情報共有し、ウィーンから持参したコロナ対策グッズを配置して出来るだけ部屋からはでない。片手にスプレーを持ち、マスクをしてトイレへ行く生活。幸いといいますか、大家さんはもうワクチンを接種しているので、わりと大らかに受け止めてくれました。爆弾持ち込んだみたいでなぜか気持ち的に心苦しいのですが、ディスコに行ったわけでもないし…私が謝ると誰か謝らなくていい人も謝るから、ここはさっぱりと。誰も悪くない。

 

後はホームオフィスでしばらく対応です。こうなると、とりあえず月曜日の授業に出れちゃうから、課題やらなくちゃ。苦笑。

 

現在働いている劇場は毎日チームの誰かがコロナ検査を受けているというスケジュールです。それぞれが定期的に受けていて、常に誰かが受けているので、なるべく早く止めることができるというコンセプトだそう。ウィーンの劇場はプロダクションごとに同一日に検査していました。

 

そんなわけで、隔離中です。

いやぁ、自分もコロナかもしれない…違うといいな…万が一そうでも悪くなりませんように…。なにより陽性者の彼が軽症であることを願うばかりです。65歳以上のチームメンバーもワクチンの接種が終わっていたのが不幸中の幸いですかね…残念ながら100%感染しないわけではないけれど、こちらの情報を読んでいる限りでは重症化は免れるだろうとのことなので。そういう意味では、そういうガードが一つも選択肢になかった去年に比べると、少しだけ気持ちも楽です。

 

どんなに対策しても、身近で出るとドキッとします。緊張で逆に具合悪くなりそうだから、今日は贅沢にデリバリーします。*急に隔離になると食べ物が家にない。

 

ドイツインターン最初のエントリーがこんなで、先が思いやられます。

くよくよしても、仕方がないので、前向きに。